男性

自己破産をするには弁護士費用がかかることが判明

債務整理の最終手段

弁護士

破産手続きの流れ

債務整理とは、返済が困難または不可能となった場合に取られる何らかの法的な救済措置のことで、種類としては任意整理、個人再生、自己破産の3種類が知られます。この中でも最終手段とも言えるのが自己破産です。自己破産をする人は、負債(借金)に対して資産や将来の収入を考えても返済することが不可能である場合に行われるものです。大まかな自己破産の流れとしては裁判所に破産申し立てを行い、裁判所が破産するのに適当であると判断した場合に破産手続きが開始され免責許可決定が行われることで負債を返済する責任が免責されます。なお、資産がある場合には、一定金額の資産は破産管財人によって没収されて債権者に対して分配されます。資産がない場合には3ヶ月程度で免責許可決定まで行くことができますが、資産がある場合などには半年から1年は時間が必要です。なお、手続きそのものは個人が行うこともできますが、多くは弁護士を雇う方がスムーズに行うことができます。自己破産に必要な弁護士費用は、20万円から50万円程度とされていますが、実際のところの弁護士費用は有する資産によって変わってきます。資産があるとそれらの没収手続きを弁護士が行うことになるので、弁護士費用が高額になってきます。なお具体的な弁護士費用としては、着手金は20万円から30万円です。多くは資産がないような状態での自己破産ですので成功報酬は取らないといったところがほとんどですが、資産がある場合には、その資産の金額によって成功報酬が変わってきます。なお、支払いに関しては、その場で払えればキャッシュで支払うことになりますし、無理な場合には自己破産後に分割払いで返済していくことになります。

弁護士事務所の選び方

計算

過払い金請求を検討している名古屋にお住まいの方、市内には多数の法律事務所があります。その中から事務所を選ぶポイントですが、費用がなるべく発生しないところを選びます。着手金は調査費用は無料、回収して初めて費用発生する事務所です。

相続税対策でお悩みの方へ

電卓

不動産では、換金や土地活用をするにもある程度の時間が必要となるため、早めに対策を考えておくのがよいとされています。相続の節税対策については、プロである税理士に相談するのが得策です。東京でプロの税理士に相談する際には、信頼できる知人や金融機関などから、紹介してもらいましょう。

借金問題を抱えたときは

計算

弁護士事務所や法律事務所ではそれぞれ得意としている債務整理の分野があります。そのため、借金問題の解消のために専門家に債務整理を依頼する際には評判のいい事務所選びをすることが問題の早期解消につながります。